注文住宅で自分らしいお家に住もう

夢は大きく、オーバースペックで

注文住宅を建てる、かなり大きな買い物です。多くの日本人にとっては一生に一度の決断でしょう。その分慎重になりますよね。でも、今まで経験したことのないことですので後で後悔することもままあります。そこで、こんな進め方はいかがでしょうか。
ます、予算はある程度無視します。完全に無視はできませんが夢を叶える値段を知ることは重要です。
ここからプランを練り上げます。間取りの面積、建具の種類と材質、外壁や屋根の材質などの住宅設備をフルスペック以上のオーバースペックで伝えましょう。このプランなら充分以上といえるものができたら、早速住宅メーカーと交渉です。モデルハウスを見て回り、信頼できそうなメーカー数者に見積もりを依頼しましょう。

オーバースペックだからこそ必要なものが見えてくる

さあ見積もりの結果はいかがでしたか?とんでもない数字になりましたか、意外とそうでもなかったですか?ここから改めてプランを見直しましょう。
まず間取りですが、ここはなかなかスペックダウンしにくいところです。狭く造っても広く造ってもあとからリフォームする場合多額の費用がかかりますからね、そのまま行きますか。
次は建具などの材質や開き方を細かく検討しましょう。意外と予算に響いていることがわかります。外壁材と屋根材はピンきりと言ってもいいくらいですが、一番傷みやすいところですのでどこまでスペックを落とせるか、メーカーと相談しましょう。そして住宅設備です。毎日使うものですが、リフォーム対象でもあります。一生使えるものではないことを考慮し再度検討してはいかがでしょうか。
そして、予算と相談です。あなたの夢はどのくらい叶いましたか。

分譲住宅とは、ある程度の数の住宅を一戸ずつ不特定多数の購買者に分割して所有権を譲渡することを意味します。

© Copyright The House Project. All Rights Reserved.