初心者のための注文住宅マニュアル

業者選びがまず大事!

自由に自分が思い描く家を建てたいのなら、注文住宅がお勧めです。まずはどの業者に依頼をするのかを決めます。どこでも同じではありません。それぞれの業者で得意としているところがあり、判断材料として多様な業者が集まっているモデルハウスなどの外観を最初に見ると分かりやすいです。
ナチュラルな家、黒や白の落ち着いた家、また屋根が三角タイプとフラットになったタイプもあります。そこで色々な業者を見比べて自分が気になる外観を作っている業者を選択しましょう。モデルハウスなどを見学をしたり、終わった後はホームページで確認したりなど調査をしてみると違いや特徴がよく分かります。さらに地震に強い構造になっているかを確認しておくと注文住宅を依頼する際に安心です。

こだわりたいポイント

建売住宅と注文住宅の違いは、自分たちの好きなように間取りを考えることができるところです。一番最初に住む家族や来客を意識して造る事が大事です。
例えば、玄関とリビングやキッチンなど人の出入りがある場所、特に玄関は人が1番に入る場所。そこで綺麗に印象よくしておくべきです。リビングも来客と話をする場所でもあり、家族が集まる場所でもあります。広々としていて、日光が入るようにしたり、照明をこだわるのも良いかとも思います。キッチンも同じく家族や他人が見える所なので(間取りにもよりますが)、質の良い食器棚や冷蔵庫なども置いておしゃれに見せるのも一つの手です。寝室や駐車場なども他の間取りと考えて建てると後悔は少なくなります。
このように家を買うということは、大きな買い物だからこそ後悔しないためにも、自分たちがこだわりたい家を造ることが大事です。

建売住宅を購入する際には、建物のデザインや間取りだけでなく、日当たりの良さもチェックすることで、より快適に暮らせる物件が見つかります。

© Copyright The House Project. All Rights Reserved.